2009年11月29日

フランス危機一髪! '07 <第二章>


*****************

  第二章  銘子、危機一髪!

*****************


その朝、銘子はベッドの中でまどろんでいた。


「もうそろそろ起きなきゃ…」

かすかに携帯の呼び出し音(マナーモードのバイブレーション)が

聞こえた。

「え?何か着信?」


今回は一人旅ということもあり、銘子はDoCoMoで携帯を

レンタルしていた。

すでに発売されている903i シリーズ以降のものであれば

そのまま自分の携帯を持って行けるのだが

銘子のは惜しくも902i だった。

(2007年のお話)

FOMAカードを入れ替えるといつもの銘子の携帯番号と

メイルアドレスで通信出来る。

(もちろん通信料金は違ってくるが)

一日105円、保険料一日105円、

つまり一日210円で借りられるのだ。

ちょっとでかくて不格好だけれども、レンタルだから仕方ない。

見ると、桐子からのメイルであった。

ちょうど銘子の滞在時期に夏時間から冬時間へと変更されるので

その注意をするように、という内容であった。

飛行機や列車の出発に間に合わなくなるので、これは銘子も

もちろん、しっかりチェックしていた。

先日買っておいたPAULのパンをかじりながら

『大丈夫だよ!』と返信し、しばらくテレビをぼ〜っと

眺めていた銘子はまた着信に気づいた。

また桐子からであった。

『もひとつ。今、France2(ニュース番組)見てたら

 エールフランス(飛行機会社)が大規模なストライキ

 やるみたいよ。

 よかったら銘子さんの便を調べるけど…』

慌てて返信する。

すぐに返事が来た。

『それ…欠航になってる…』

少しだけ血の気が引く。

桐子はともかくフランス語の教師である俊にその旨を

知らせてくれたらしく、すぐに彼からメイルが届く。

『今すぐに空港のチェックインカウンターに行って、

 飛んでいるどの便でもいいから

 振り替えて乗せてもらうよう交渉すること!』

銘子は腹を据えてしっかり化粧し、

荷物をまとめて部屋を出た。

まだ夜が明けきらない暗い中を、ホテル近くから地下鉄で2駅の

Denfert-Rochereau に向かう。

ここからOrly空港まで“Orlybus(オルリー・バス)”が出ているのだ。

勿論、銘子がこのバスを利用するのは初めてである。

この駅は地下鉄とSNCF(フランス国鉄)の駅が

それぞれ隣接しているのだが、銘子はSNCFの駅正面左側の

地下鉄出口から出て来た。

「えっと…バス停は…と」

キョロキョロする銘子に駅の壁際で寝ていたおっちゃんが

声をかけて来た。

「おねえちゃん、Orly行きのバス停探してんの?」


「あ、はい、そうです」

「それやったら、この信号渡ってまっすぐやで!」


「あ、そうですか、ありがとう!」

おっちゃんはニンマリ笑った。

まだ暗いのでその先にバス停があるのかよく見えない。

この際、出会う人みんなに聞いてみる。

向こうからおねえさんが歩いてくるので銘子は尋ねた。

彼女は銘子の今、来た道を指差す。


「えええ〜っ?反対方向ってか?」

すぐさま回れ右して、また次に来た老夫婦に尋ねる。


「あ。あれやで!」

おじいさんが指差したのはSNCFのDenfert-Rochereau駅正面に

停車中のバス!

「げ〜〜〜〜〜っ!」


銘子はダッシュする。

さっきのおっちゃんが騙したのだ。

朝一番のイジワル。

そんなことしたおっちゃんの一日がサイテーになりますように!

発車には間に合って、

何とか銘子は30分後にOrly空港に到着した。

さ、今から本腰入れなきゃ!

気合いを入れて出発口がある2階へと進んだ。

午前7時15分。どこがToulouse行きのカウンターなんだ???

尋ねる係の人も見当たらず、ぐるぐる回っていたら

それっぽい表示が見えた。

列の最後尾の若いおにいさんに聞くと、ビンゴ!そこだった。

そのままおにいさんの真後ろに並ぶ。

チェックイン・カウンターはどれも開いていない。

銘子の前には20人程の人が並んでいて、

最前列の人の前はロープが張ってある。

係の人もいない。交渉すら出来ないではないか。

一人の場合、そういうときに列を離れて周りの様子を見に行くことが

出来ない。列の最後尾に回っても仕方ないと諦めて列を離れるか、

荷物を取られてもいいと覚悟して荷物を列に置いたまま離れるか、

である。

まだ銘子はそのどちらも出来ずにそのまま並び続けた。

午前7時40分。アナウンスが流れる。

それでなくても聞き取りが出来ない銘子なのに、

マイクを通した声は割れていて何を云っているのか

全く聞き取れない。

アナウンスの合間、後ろにいたおっちゃん二人と雑談する。

「大丈夫や、ねえちゃん、いつかToulouseに行けるって!

 おっちゃんが約束するわ!」

「あかんねんて!私は今日中にToulouse経由でNarbonneまで

 行かなあかんねん!」

「お〜、そりゃそりゃ…」

「でも、この放送何云ってんのか聞き取られへん!

 私、フランス語がよう分からへんから…」

おっちゃん達に愚痴を云っても仕方ないのだが、

つい云ってしまう。


すると、その後から流れるアナウンスに耳を傾ける銘子に

真後ろのおっちゃんは、聞く必要がないものだと

「違う!関係ない!」


と知らせてくれるようになった。


ただ、その知らせ方が徐々に変わって来たのが気になったのだが。

最初は、後ろで

「違う!これはMarseille(マルセイユ)便の(アナウンス)!」と

云ってくれていただけなのに、徐々に、銘子の肘を引っ張って、

更に引き寄せて、顔を近づけて「違うよ」と云うようになったのだ。

確認できたらすぐにおっちゃんと距離を置くのだが、

列が長くなるにつれ、徐々に前と後ろの間隔が狭められてくる。

アナウンスがないのに、おっちゃんが銘子の肘を引く。

「フランス人の恋人が出来たら、フランス語上手になるよ♪」


「あっそ」


出来るだけ離れる。

待つこと2〜3時間、係のおねえさんが出て来て一言云った。

「本日のToulouse行きの便は一本もございません。

 お帰りください」

えええ〜〜〜〜っ!

混乱した銘子に文章が浮かぶはずがない。

「aucun?aucun???」

(全くないの?一便もないの???…のつもり)


後ろのおっちゃん達にただこの言葉を繰り返すと

「しゃあないなあ。今日はあかんわ」

と首をすくめていた。

でた〜〜〜〜っ!アクシデント。


銘子の旅程は、その日に飛行機でToulouseに向かい、

TGVでNarbonneへ、そこで一泊して

翌日にTGVでCarcassonneへ行ってそこでまた一泊して

翌日TGVでToulouseに戻って

飛行機でParisに戻るというものだった。

しかし、ストライキはその日から3日は続くと云われていた。

帰りの便もあやしい…。

どうしよう、混乱を避けてこのままParisに残るか?

もちろん、予約してあるNarbonneとCarcassonneの

ホテルの宿泊代はキャンセル料として取られてしまう、

しかもこれからParisのホテルを手配しなくてはならない。

思わず携帯を取り出してとにかく誰かに連絡を取ろうとして

…気づいた。

電池の残り時間がない!赤ランプが点灯している!

さらに追い討ちをかけるごとく、銘子は気づいた。

携帯の充電器をParisのホテル(3日後に戻る予定の)に

置いて来てしまっている!!

これから3日の間、日本との緊急連絡が取れなくなる!!

(まあ、公衆電話を使えばいいんだけどね)

とりあえず、携帯の電源を切り、電力を温存することにした。

銘子の顔から血の気がグングン引いて行く。

「さて、どうすんの?」

さっきから馴れ馴れしい方のおっちゃんが銘子に聞いて来た。

もう一人のおっちゃんはすでにそこにはいなかった。

「わしは火曜日までParisにいることにするけど、

 君はどうすんの?」


なぜかウインクしている。

ボツボツと周りの人がその場からいなくなっていく。


さあ、どうする?銘子!早く決めなければ!!


posted by 小池 紫 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

フランス危機一髪! '07 <第一章>

************************

   第一章  トイレに行きたいんやっ!  

************************  


銘子の出発を祝うような?雨が降っていた。 午前6時だった。 
日頃の行いが良いからか、出発前日に生理が始まり、 その鈍痛で頭が全く働かない状態で 
深夜に始めた荷造りが終わったのは午前5時であった。 

「あと1時間は眠れる!」という思いと、 「今、寝入ってしまって寝過ごしたらシャレにならない!」
との 思いが交差したが、結局目覚まし時計を3個セットして ベッドに横になったのだ。

恨めしく雨を見ながら、食欲はなかったが冷凍してあった栗ごはんをチン! して
口に無理矢理押し込んで家を出た。

父の渉がマンション前で待ってくれていた。折からの雨。 
大きなスーツケースを押して歩くのには忍びないという親心で 
最寄り駅まで車で送ってくれるのだ。 
どうせだったら空港バスの発着所まで送ってくれたらいいのにな〜、 
というのはワガママなのでぐっと飲み込み、 これだけでも有り難いと思い直す銘子であった。  

バスは3カ所を回って客を拾ってから関西国際空港へと向かう。 
最後の停留所から乗り込んで来た若い女性二人が 銘子の真後ろに陣取った。  

「!!!!!!!!!!!!!!!!!!」  
「!!!!!!!!!!!!!!!!!!」  

中国語?…しかも朝から猛烈なハイテンション。 
ともかくでかい声で喋り続ける、続ける、続ける、続ける、続ける…。  

睡眠不足でテンションの低い銘子には、 
後ろから二人に座席を蹴り上げられているのと同様の“拷問”であった。 

その勢いは関空まであと少し、という泉大津まで続いた。  
バスの中に静寂が流れ出したのが泉佐野を越える頃であった。 
おいおい、空港はもうすぐそこではないか。  

急に日が射したかと思うと大粒の雨が窓を叩く奇妙な天気の中、 
バスはゆっくりと空港に入って行った。 さあ、いよいよである!  

まずはチェックインだ。 すでに手続きが始まっている。  

「お客様はどちらまで?」 
「パリです」 
「クラスは…」 
「ビジネスです」
「では、こちらへ」

おほん。
生まれて初めてのビジネスクラス!  

銘子が今回の旅行を決行したのは、今まで貯めに貯めたマイルが 
とうとうビジネスでの往復可能数にまで達したからである。 

エコノミーは8万マイルでパリー日本間を往復出来る。  
ビジネスでの往復は12万マイル。  
エールフランスVISAカードは100円につき1ポイントだから、 
ざっと計算して1,200万円使ったことになるが まさか、そんなに使ってはいない。  

数年前からエールフランスの搭乗マイルをちまちま貯め、 
そこへ普段のあらゆる支払い(ガス、、電気料金、もちろん酒の購入料金も)を 
マイルに投入した血と汗の結晶なのである。  

いつかは乗りたかったビジネスクラス。今日、まさにそれに乗れるのだ!! 
感慨に耽る銘子がふと前を見ると先にチェックインしている親子連れがいた。 
小学低学年っぽい男の子を連れた夫婦。 

銘子と同年齢か、もう少し若い夫婦。 家族3人でビジネス?…すっげ。  
40歳を越えてやっと初めてのビジネスに感動している銘子の前を 
小学生が当たり前の顔をして通り過ぎる。 何だか複雑…。  

ま、気を取り直して手荷物検査に向かい、そのままパスポートコントロール。 
免税店をいつも買うブランドのマスカラをまとめ買いして買い物は終了。 

手持ち無沙汰な銘子はチェックインの際にもらったクーポンを確かめてみる。 
「えっと…金剛…あ、ここだ!」 航空会社のラウンジがここにあるのだ。 
初めて入るこのラウンジ。聞いたところによると、ソフトドリンクはもとより、 
ワインもシャンパンも飲み放題とか!  

ワクワクで入ると、すでに満席。何じゃこら。遠慮のない視線を思い切り浴びる。 
いくら何でも立ち飲みはできない。 銘子はあきらめてそこを出た。  

しかたなしにそのまま搭乗口をめざす。 ふと見ると、カード会社のラウンジ発見。
席もある! でもここでは自販機だと¥250のスーパードライ350ml缶が 
¥500で売られている。 もちろんそんなの買わないもん。  
これから久しく飲めない緑茶を飲んでおく。 

今回はさすがにビールのアテのおかきは持ち出さなかった。 
そしていよいよ銘子は機上の人になるのだ!  

♪風の中のす〜ばる〜、砂の中のぎ〜んが〜♪ あ。それは地上の星か。 
で、銘子は機内に入った。わくわく♪ 

席につくなり『上着をお預かりします』と云われ、 学習通りに上着を渡す。  

昔、一緒に行ったツアーの帰り、オーバーブッキングのグレードアップで 
マグレでビジネスに乗った笑子が、 『着席時に上着を預かると云われる』と云っていたから、 
ちゃんとジャケットを着て行ったのだ。  

そういえば、彼女が 「エコノミー?あ、あれは奴隷船ね」 
等とほざいていた、あれが痛い程分かる。

何よ、この空間。ファーストクラスはいったいどうなっちゃうんだろう。 
ま、ファーストにはたぶん一生乗ることがないと思うので、 
このごちそうを満喫する銘子であった。  

席に着いて離陸前にウエルカムドリンクなのか、お盆を差し出された。 
金色の液体とオレンジ色の液体がある。反射的に金色のを取る。 
やた!…これ、シャンパン♪ うふ。と思った瞬間に銘子は尿意を覚えた。 

飛行機はやがて離陸した。水平飛行に入った。 で、銘子はトイレに立つ。  

ドアの前にはCAがいて、  

「あ。お客様、只今ベルト装着のサインがでておりまして、  
 気流の悪い地点を飛行中でございます 。 
 生憎ではございますが、お席にお戻りになってお待ちくださいませ」 と云う。  

渋々席に戻る。 そうは云うものの、行きたい。  

次に飲み物のサービスが始まった。 

行きたい。  

飲み物が何がいいか尋ねられる前にCAに聞いた。  

「すみません、トイレ…」 またもやにこやかに拒絶されて撃沈。 ううう…。 

トイレ!と思いながらシャンパンを注文してしまう銘子。


tkg'07-1.jpg


行けないと思うと余計に行きたい。


気分を紛らわせる為に、やめときゃいいのに銘子はシャンパンを口にする。

思いっきりの逆効果。

普段からトイレが近い銘子だけに徐々に緊迫した状態になる。


通路を行く、先ほどのCAと目が合うと


「まだ(サイン)消えないですね〜!」


と云ってくれる。が、それは気休めにしかならない。ううう…。


30分以上経過した頃には、銘子の顔はひきつっていた。

食事が配り始められた。


もう、ゲ・ン・カ・イ。


ワゴンが傍に来たとき、とうとう絞り出すような声で云った。

(たぶん、白目を剥きながら、と思う)


「すみません…緊、急、なんですが…」


CAは、“もう!仕方ないわね!”と半ば呆れながら云った。


「分かりました。今回に限り、乱気流でお客様に何かあっても

 お客様の自己責任、ってことで」


天井に頭をぶつけようが、骨を折ろうが、

ここでお漏らしをしたまま10時間いるのなら、

その方がマシ!とそのときは思えた。


数分後、地獄の苦しみから解放された銘子は前菜のフォアグラにかぶりついた。



tkg'07-2.jpg


赤ワインは Cotes du Rhone にした。

さすがにこのカトラリーは持ち帰れない。

メインはリヨン風牛フィレ肉のグリル、ハッシュブラウンポテト、野菜のソテー添え、である。



tkg'07-3.jpg



(前菜は二種類から、メインは三種類から、ワインは四種類から選べる)


食事は決して特別に旨くはないが、ともかく前菜、メインと次々に陶器の皿でサービスされるのが嬉しい。

しかも各自、テーブルクロスまで敷かれる。チーズはブルーとカマンベールとハード系の3種類。

味はこれもいまいち。だが、エコノミーの6Pチーズのようなのとは格段に違う。



tkg'07-5.jpg



デザートはタルト、ケーキ、シャーベット、フルーツの中からシャーベットを選択する。



tkg'07-4.jpg

 


銘子は完全に“おのぼりさん”状態で、全ての食事を写真に納めた。

おのぼりさんついでに、ちょっとだけ暇そうにしていた、

先ほどのトイレの許可をくれたCAと目が合ったので呼んでみた。

ここで聞くのは一時の恥。知らずに間違って使うのは更に恥!と

思って勇気を出して尋ねる。


「すみません、あの、この前の座席の背面にある縦に並んだ穴は何ですか?」

「こちらは靴入れ、でございます」

「ほ〜。はるほど。脱いだ靴をここに入れたらいいんですね?…では、これは?」


質問大会である。

これで同じ機種の飛行機に乗ったときには恥をかかずにすむ、っていったいこの先、

いつ乗るのだろうか?ま、帰りに乗るのは確かであるが。


就寝準備に入りかけた銘子の視界にふと、特有の“揺れ”が目に入った。

出た!…大嫌いな貧乏揺すり!!


通路を挟んで座っている、C/IN時に見かけた親子連れの父親だ。

しかも今回のはまれにみる、バタフライ型。


座席を倒し、水平のベッド状になった座席上で両足の裏を合わせると

自然にひざが両端に開く。その開いた膝をパタパタするのだ。


ああ、たまらない。


銘子が空いていた窓側の席に移ったのは云うまでもない。

ついでにバーでビールを2本もらって飲みながらの読書。至福のときである。



tkg'07-6.jpg



 

飛行機は気流の悪いところを何度も通過し、今までの飛行で一番多く揺れながら進路を行く。

そして無事にParisに到着。銘子は久しぶりにCDG空港敷地内のウサギを見た。


ウサギの巣穴も見えた。飛行機のエンジン音に驚いたようにぴょんぴょん跳ねる。

同じように天敵がいないとのことで、関空にはバッタが異常発生したそうだが

バッタよりもウサギの方が何だかのどかに思える。好みの問題ではあるが。


問題なく、TAXIに乗り、全て順調に進むかと思っていたら大間違いのコンコンチキで

雨の金曜の夕方6時。大渋滞であった。60ユーロ支払って降り立ったホテルでのC/INは

幸いなことに問題なく済んだ。


銘子は部屋に荷物を置いた後すぐに散歩がてらにGare Montparnasse(モンパルナス駅)へ

向かった。明日のToulouse-Narbonneの列車のチケットを買っておく為である。

翌日の朝、飛行機でParisからToulouseへ飛び、そこから列車で目的地のNarbonneへ

向かう予定なのである。


翌日以降のチケットを売っている窓口はどこか、と職員らしい黒人男性に尋ねると

「明日のチケットを今買うなんて早すぎるよ!明日買えよ!」とわめかれる。

諦めて次の職員らしき黒人男性に聞いて、何とか場所が分かり、チケット購入完了。



tkg'07-8.jpg



駅構内のPaulで朝食用のサンドイッチも買い、全ての予定をクリアした銘子は、

ホテル近くのビール屋さんで夕食代わりのビールを飲むことにした。



tkg'07-7.jpg



濃い〜栄養満点っぽいベルギービールを選んだ銘子は、金曜の夜の喧噪の中で

ぼんやりそれを飲むのだった。


「ああ、私は今、パリにいる」

実感が湧かないのでつぶやいてみる。

それでもなぜか実感が湧かない。


あとは寝るだけの開放感でいっぱいのはずなのに、

なぜか焦燥感に襲われる銘子。猛烈に落ち着かない。


仕方ないのでお店でのビールは一杯にしてホテルの3軒となりの中華総菜屋さんで

BADOIT(ガス入りのミネラルウォーター)と

1664(フランスのビール)を買って部屋に戻った。


熱いシャワーを浴びて、ビールを飲みながらざっくりと荷造りをした後、

やっとアルコールが効いてきて、銘子は電池が切れたように眠りに落ちた。


翌日に何が待ち受けているかを知りもしないで…。


posted by 小池 紫 at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記